フリーエンジニアが答えるPHP大疑問

なぜこんなにもPHPが嫌われているのか。その理由は?

特集ページ

PHPがプログラマに嫌われている理由

PHPは手軽で便利な言語であるにも関わらず、PHPを毛嫌いするプログラマや、「PHP?ふぅん」と馬鹿にするようなプログラマもいるようです。なぜ、PHPはそのような扱いを受けてしまうのでしょうか。

習得が簡単であるがゆえ

PHPは、他の言語に比べ、習得が簡単であると言われています。あえて小難しいよりも、簡単に習得できるということ自体はPHPの利点であるはずなのですが、これがPHP以外の言語を扱うプログラマからブーイングを受ける理由のひとつになっているようです。
プログラマは技術職・職人であることから、プライドが高い人も多い世界です。自分の仕事に誇りを持つという意味では悪いことではありませんが。
PHPができる → PHPしかできない →無能 という安易な図式で結びつける人もいるようです。
実際、PHPができるといっても本当の意味でのプログラミングにおいては、初心者であることが少なくありません。本来、プログラミングとは、コンピュータの原理に関する知識や、より詳細なロジックに関する知識が必要なものです。PHPは、それらを知らなくても簡単にプログラミングできてしまうため、プログラマとしては認めないという意見や、PHPをよく使うプログラマは、使えないプログラマだと考える人もいるようです。

守備範囲の狭さ

PHPは、WEBシステムに特化したプログラミング言語です。
言い換えれば、WEBシステムしか開発できません。WEBしか開発しないプログラマであればそれでもいいのかもしれませんが、それでは、視野も狭く、プログラマとしての成長は見込めません。
クライアントアプリケーションや、スマホアプリなどの開発もPHPだけではできません。さらなる成長を求めるプログラマにはPHPはそれほど重要な言語ではないのです。多くのプログラマにとってPHPは、「PHPだけ」というよりは、「PHPも」という立ち位置にあるサブ的な言語です。

習得は容易でも、PHP技術者のレベルはピンキリ

PHPは習得のハードルが低いことは確かですが、一定レベル以上を目指そうとすれば容易ではありません。PHPプログラマと一口に言っても、そのレベルはピンキリです。小規模なWEBサイトの簡単なプログラムを書けるPHPプログラマは多くいても、本格的にPHPを駆使できるPHPエンジニアを目指そうとすればそれなりの努力が必要です。

各テーマ一覧

PHPのメリット・デメリット

PHPのメリット・デメリット

詳しくはこちら

PHPに限らずプログラミングで重要なこと

PHPに限らずプログラミングで重要なこと

詳しくはこちら

PHPのセキュリティ対策が実施されない理由

PHPのセキュリティ対策が実施されない理由

詳しくはこちら

PHPがプログラマに嫌われている理由

PHPがプログラマに嫌われている理由

詳しくはこちら

わかりやすいPHP入門書籍が少ない理由

わかりやすいPHP入門書籍が少ない理由

詳しくはこちら

PHPおすすめ書籍「パーフェクトPHP」

PHPおすすめ書籍「パーフェクトPHP」

詳しくはこちら

Copyright © 2014 フリーエンジニアが答えるPHP大疑問 All Rights Reserved.