フリーエンジニアが答えるPHP大疑問

低コストで開発できる?WEBサイトでPHPが主流になっている疑問

特集ページ

WEBサイトでPHPが主流の理由

WEBサイト開発ではPHPがダントツの人気です。一昔前は、CGIが主流でしたが、今はなぜ、PHPの人気が高いのでしょうか。WEBサイト開発現場をPHPがほぼ独占している理由を考えてみましょう。

WEBのために生まれた言語

WEB系システムにおいて、PHPはとても便利にできています。それは、WEBページのために生まれたプログラム言語という、PHP誕生の経緯からみても一目瞭然ですね。WEBでは、HTMLを出力するのがプログラム上、最終的な作業になります。サーバーサイドで動き、ユーザーのリクエストに応えてHTMLを書き出すという点において、PHPはどの言語よりも優れています。
また、小規模サイトなどでよく使われる共用レンタルサーバーなど、サーバーによってはJavaが動かないものが多いのも事実です。小規模・中規模サイトの開発にはPHPがもっとも手軽で使いやすい言語といえるでしょう。

ハードルが低く、エンジニアが多い

PHPに関するドキュメントは非常に多く、参考書から専門書まで、すぐに手に取ることができるという気軽さも普及している要因の一つです。文法的にも、ガチガチに定められた他の言語と違い、多少はいい加減でも動いてしまうところも、敷居を下げる要因でしょう。変数の型宣言が省略できるなど、実際にはその「いい加減でも動いてしまう」という曖昧さが、不具合が発生した場合などで、ハマる要因となることも多々あるのですが・・・。
また、PHPを扱えるエンジニアの数も多いというのもWEBサイト開発にPHPが使われる頻度が高まる要因といえるでしょう。PHPに関しては、開発やメンテナンスができる人の数が多いことにより、開発案件も増えるという構図が出来上がっています。

他言語に比べて低コストで開発可能

PHPは、標準ライブライリも充実しており、他の言語を使うよりも低コストで開発できるケースが多くあります。また、サーバ構築も柔軟かつ簡単です。ほぼ全てのサーバOSで動作させることが可能ですし、システム構築も、FTPでファイルをアップロードするだけです。もちろん、コンパイルなどの面倒な作業は必要ありません。これらのような理由から、PHPでの開発は総合的にコストダウンになると言われています。よほど、PHPでは実現できないような要件でない限り、多くの会社やプログラマがPHPを採用しているようです。
参考サイト:アットエージェント

各テーマ一覧

PHPのメリット・デメリット

PHPのメリット・デメリット

詳しくはこちら

PHPに限らずプログラミングで重要なこと

PHPに限らずプログラミングで重要なこと

詳しくはこちら

PHPのセキュリティ対策が実施されない理由

PHPのセキュリティ対策が実施されない理由

詳しくはこちら

PHPがプログラマに嫌われている理由

PHPがプログラマに嫌われている理由

詳しくはこちら

わかりやすいPHP入門書籍が少ない理由

わかりやすいPHP入門書籍が少ない理由

詳しくはこちら

PHPおすすめ書籍「パーフェクトPHP」

PHPおすすめ書籍「パーフェクトPHP」

詳しくはこちら

Copyright © 2014 フリーエンジニアが答えるPHP大疑問 All Rights Reserved.