フリーエンジニアが答えるPHP大疑問

わかりやすいPHP入門書籍をご紹介!PHPエンジニア養成読本

特集ページ

PHPおすすめ書籍「PHPエンジニア養成読本」

amazonでもPHP関連書籍売上1位になった、「PHPエンジニア養成読本」。
他にはない斬新なコンセプトの本書について、紹介します。

「入門」ではなく、「養成」

「入門」ではなく、「養成」という見出しをつけてはみましたが、実際に読んだだけで養成されるかといえばそういうわけではありません。ただ、入門書でもありません。
この本は、完全な入門書というよりも、ある程度PHPを使える人向けの本です。すでにPHPの門を叩いて一歩中に入っている人のための本と言っても良いでしょう。PHPの基礎はある程度理解したうえで、更にPHPの理解を深めたい設計者に向いています。PHP自体というよりも、PHPの最新動向やトレンドを把握するのに適した本です。今持っているPHPの知識を最新版にアップデートする意味でも使えます。PHPの新バージョンで、どのような機能が追加されているのか、いまいちハッキリと理解していない人や、フレームワークやライブラリなどの最新技術を試したいけど、どうしていいかわからない人などに最適です。

ぼんやりしている部分を整理できる

PHPは初心者にもハードルが低い言語であり、極端な言い方をすれば、「何となく」レベルの理解度でもある程度のことができてしまう言語です。さらに、ある程度いい加減なコードを書いてもそれなりに動いてしまうという曖昧さを持つ言語でもあるのです。そのため、独学で勉強した人や、他の言語を先に学んだ上でなんとなくPHPを扱っているプログラマにありがちな、「なんとなくぼんやり」と理解している部分を、本質的に理解できるきっかけとなる可能性のある本です。

PHPのプロフェッショナルの視点から学べる本

独学でPHPを勉強してきた人などは特に知る機会が少ない情報、「他のPHPエンジニアがどのようなコードを書いているか」、「よりスタンダードなPHPとは」、などの情報が良く書かれている点が、この本の面白いところです。PHPのプロフェショナルたちが、PHPのどこに注目し、どう活用しているのか、など、なかなか書籍として掲載されない部分も、多彩に書かれています。PHP使いとして、PHPの可能性を模索するためのヒントなど刺激を受けることも多いのではないでしょうか。

あえて初心者が読むのも悪くない

繰り返しますが、この本は入門書ではないので、PHPという言語自体を学ぶという目的ではオススメしません。PHPという言語の基礎を学ぶ入門書は別のものを購入しましょう。PHPのトレンド、いまどき最新のPHPワールドを知るという視点で目を通してみる分には初心者にとっても、おもしろい本かもしれません。わからない部分は飛ばし読みし、PHPへの理解が深まった時点で再度読んでみるという使い方もありだと思います。

各テーマ一覧

PHPのメリット・デメリット

PHPのメリット・デメリット

詳しくはこちら

PHPに限らずプログラミングで重要なこと

PHPに限らずプログラミングで重要なこと

詳しくはこちら

PHPのセキュリティ対策が実施されない理由

PHPのセキュリティ対策が実施されない理由

詳しくはこちら

PHPがプログラマに嫌われている理由

PHPがプログラマに嫌われている理由

詳しくはこちら

わかりやすいPHP入門書籍が少ない理由

わかりやすいPHP入門書籍が少ない理由

詳しくはこちら

PHPおすすめ書籍「パーフェクトPHP」

PHPおすすめ書籍「パーフェクトPHP」

詳しくはこちら

Copyright © 2014 フリーエンジニアが答えるPHP大疑問 All Rights Reserved.